経営理念

基本理念

1898年(明治31年)近代医学への取組を始めた松葉眞一は、その専門分野を眼科とし、以来約100年にわたり、明治、大正、昭和、そして平成の時代へと私たちは、その基本理念を受け継いで参りました。

松葉眼科の基本理念は、『1. 失明の予防』 『2. 視力の回復』 『3. 治療の実践』この松葉眼科の掲げる3つの基本理念に基づき、『失明の予防』『視力の回復』を基本理念としています。

 

企業理念

正しいコンタクトレンズの普及

さんプラザコンタクトレンズでは、眼科専門医である 松葉眼科 と提携し、コンタクトレンズの医療性にも配慮をしています。安易なコンタクトレンズの使用による眼障害は、全国で年間150万件にも及んでいます。さんプラザコンタクトレンズでは、コンタクトレンズの正しい取扱とアフターケアを重視した、正しいコンタクトレンズの普及に取り組んでいます。

 

経営理念

サービス・プロフィット・チェーンの概念に基づく『顧客満足と従業員満足による良循環経営』

顧客満足と従業員満足を最大化し、継続的にサービスによる価値の創造を行ない、会社の存続と発展を目指します。