瑠璃(るり 青色の宝石)も 玻璃(はり 水晶)も照らせば光る

瑠璃も玻璃も照らせば光る

社長メーッセージ (2019年6月)は、貴重な宝石は光にあたれば、輝くと

いう諺を書きました。

社員の皆さんはそれぞれに優れた才能を持っています。

才能に光が当たれば、輝きます。人に当てる光とは、仕事です。

与えられた仕事を通じて、人は宝石のように輝きます。

 

 

給料袋に添えて 

 

瑠璃も玻璃も照らせば光る

瑠璃(青色の宝石)、もはり(水晶)も照らせば光ります。

素質や才能がある人は、仕事を通じて脚光を浴びながら光ります。

社歴に応じて仕事の担当が変われば注目されるようになってきます。

活躍の場を与えられたときには能力をいかんなく発揮して頂きたいと期待し

ます。

2019年(令和元年)6月25日

 社長 松葉博雄

Posted in .