企業存続の3条件 ブログ記事8000本記念

1971年12月1日に法人登記して2018年12月1日には満47年を迎えます。創業から数えると48年です。

企業の寿命 生存率

ブログ記事8,000本目は、48年続いた会社存続の条件とは何であったかを振り返ってみました。

企業を創業した後、歳月が経過すると、どの位の企業が生き残っているのでしょうか。

帝国データバンクによれば企業の平均寿命は37年ともいわれています。

47年は企業の平均寿命を大きく超えています。

生存率を調べてみると、中小企業白書2011年版によれば企業の生存率について起業した後、10年後には約3割の企業が、20年後には約5割の企業が退出しており、起業後の淘汰もまた厳しいことが指摘されています。

(下図参照:「2018年版 中小企業白書」より)

更に別にもっと厳しい調査結果があります。

 

続きは社長ブログをご覧下さい≫

 

2018年11月15日(木)

 

Posted in .