『アラジン』スタッフブログVol.643

スタッフの松下です。

先日、ディズニーの実写映画『アラジン』を観に行ってきました。

字幕版と吹替版のどちらを観るか迷いましたが、中村倫也さんのアラジン役の声を聴いてみたい!!ということで吹替版を選択。

物語の内容は、もちろんあの有名なディズニーアニメ『アラジン』がベースとなっていますが、王女ジャスミンが、アニメ版よりも芯が強い女性のイメージとなっていて、まずそこが素敵だなぁと思いました。

そしてランプの魔人ジーニーは、実写版のウィル・スミスさんになっても面白い!!

吹替版の声に関しては、観る目的となった中村倫也さんのアラジンの声は、甘い声で思わずうっとり。

驚いたのが、ジャスミン役の木下晴香さんの歌声です。美しく伸びやかな歌声で、とても感動でした。

特に、アニメ版にはなかった『スピーチレス~心の声』という楽曲が、ジャスミンの心情を現していて素晴らしかったです。

木下晴香さんは初めて知った方でしたが、ミュージカル女優さんだそうで、その歌声の実力に納得です。

 

今回は吹替版でしたが、字幕版も気になるところです。

 

2019/6/24

 

Posted in .