『名古屋のプラネタリウム』スタッフ日記 Vol.555

スタッフの松下です。

私は最近、星に興味があります。
星座の物語を読んだり、流星群を鑑賞したり。

先日、「名古屋市科学館」のプラネタリウムへ行きました。大きなプラネタリウムでずっと行きたいと思っていたのですが、少し遠方な為なかなか機会がなく、念願の初鑑賞でした!!

 

 

 

名古屋の中でも人気スポットのようで、お昼頃に行くとほとんどチケットが残っておらず少し焦りましたが…無事最終回を観ることができました。

今回は、今夜の星空のお話や「いるか座物語」の上映がありました。
プラネタリウムの満天の星空でものすごく綺麗で感動でした。

ちなみに「いるか座」は、夏の大三角のすぐ近くにある、かわいらしい小さな星座です。ギリシャ神話によると、このイルカは詩人アリオンの窮地を救い、その功績によって星座になったとされています。(名古屋市科学館ホームページより)

星に関する本も新しく購入しました。柳谷杞一郎さん著の『星の辞典』です。まだ読んでいる途中なのですが、いろんな星座や月のお話が載っている為、読んでいてとても興味深いです。

 

 

次は、
今月の「オリオン座流星群」
12月の「ふたご座流星群」
を楽しみにしています。

 

2017/10/9

Posted in .