ドクターメガネ

メガネは眼科医の処方のもとで作成しましょう

さんプラザコンタクトレンズでは、メガネは眼科医の処方のもとで作成し、作った後のアフターケアまで医療を原点としたサポートを受けることができるメガネを推進しております。

img-doctermegane

メガネとコンタクトレンズは医療機器です。

  • 眼鏡やコンタクトレンズは、よく見えればそれでよいというものではありません。
  • 自分でも気づかないうちに、視力は少しづつ変化しています。
  • 眼の状態や疾患が視力に影響を与える場合、眼鏡を作る前に治療をすることがあります。

眼科でメガネを作ると

  • 眼科医による医学的検査の上での処方決定から、作った後のアフターケアまで、医療を原点としたサポートを受けることができます。
  • あなたの眼の健康を考えた、最も理想的なメガネのご提案です。
  • 目のトータルサポート

複雑な眼の構造と屈折矯正には深い因果関係があり、その検査には大変デリケートで豊富な知識や経験が必要とされます。勿論、眼の疾患や年齢・職業などにより対応しなければならない視力矯正というものがあり、よく見えることがすべてではありません。

だからこそ、メガネ作りは医療なのです。今だけでなく、将来を見据えた生活視力を考えるのも大切なことです。ドクターチェック・メガネとは、それらのことを安心しておまかせできる眼科医がサポートするメガネシステムのことです。

img-meganeshop

お子様の成長期には、注意が必要です。

小さなこどもは物が見えにくくても上手に表現することができず、ピントを合わせるために無理な調節力を働かせ、眼が疲れて集中力思考力がおちて、物事に気が入らなくなったりします。おかしいなと感じられたら眼科専門医で検診をお受け下さい。

mclens

中高年の方は、要注意

40歳を過ぎてから近くの文字が見えずらくなる、老眼は水晶体の調節能力低下によりピントが合わせにくくなる症状ですが、単なる老眼ではなく、白内障や緑内障などの他の眼疾患が要因のこともあります。中高年の方がメガネを作る際の重要性はここにあります。


眼科専門医が、あなたの眼の医学的な検査をおこなうことにより、眼の疾患を見つけ治療をしたり、あなたの生活環境に適合し、眼に負担のかからない眼の健康を考えた「あなたの生活視力に適切なメガネ」が処方されます。

bnr_megane

logo_matsuba_ganka