盛山正仁中央区後援会新年昼食会に出席しました。

盛山正仁(もりやま まさひと)先生の昼食会には、昨年補欠選挙で当選した河南忠一(かわなみ ただかず)市会議員と、名刺交換をしました。

神戸三宮の中華料理のお店「神仙閣(しんせんかく)」で衆議院議員盛山正仁先生の「盛山正仁中央区後援会新年昼食会」が開催されました。

盛山正仁中央区後援会会長は東中弘丞さんで、神戸隆盛会中央区会長は藤尾憲弘さんです。

盛山正仁先生のご挨拶では、政治パーティーとは違う、盛山正仁先生の支援者が集まる新年会を以前から開催したいと思っておられました。

しかし、盛山正仁先生は、法務政務次官としての政府の仕事があり、地元神戸に戻れるのは、毎月直前にならないとスケジュールがはっきりしていなかったそうです。

その為、沢山の支援者に集まって頂く会場を確保する為の予定が立ちませんでした。

その政府の仕事も、2017年7月で一応終了し、今は自民党の政務調査会で、国土交通部会長に就任したので、本来の得意分野というか、専門分野に力を発揮するポジションに就かれたそうです。

その為、国会がお休みの週末や祝祭日には、地元神戸に戻ってこられるようになったそうです。

そこで、以前から描いていた、支援者と新年会を開催する企画が、やっと実現できたそうです。

兵庫県知事の井戸敏三さんと、神戸市長の久元喜造さんとは、国土交通省の時代に、上司と同僚の仕事仲間だったそうです。

その為、これから神戸のための運輸行政については、国と兵庫県と神戸市の人脈が、一本にまとまったそうです。

現在の神戸市の課題はたくさんあります。

例えば、三宮の都市開発は、大きな問題です。

久元喜造神戸市長が、神戸市長に就任した時のビジョンでは、150万都市の神戸市の玄関口の三宮を、再開発したいという抱負を述べています。

我が社のあるさんプラザビルは、築後48年の老朽化ビルになってしまっています。

阪神淡路大震災でも大きなダメージを受けて、すぐにでも建て替えが必要な状態になっています。

建て替えとなると、地権者との交渉や、建築工事が終わった後、再入居するまでの代替地の問題、そして新しいビルでの配置の問題があります。

一つ一つが大きな問題で、これを調整するためには、政府の力や兵庫県の力、そして神戸市の力が必要です。

この国と県と市の力を引き出し、調整するのは、盛山正仁先生に課せられた問題です。

神戸空港の問題もあります。神戸空港は現在発着便数の制限を受けています。

これをもっと各地に、神戸からアクセスを伸ばしたいことや、海外にも飛行便を繋げたいという期待があります。神戸港の問題もあります。

昨年やっと神戸港のコンテナ扱い高が、震災前の水準に戻りました。

しかし、国内と海外の競争相手と比べると、港の力はやっと23年前に戻ったレベルです。

これからは、追い抜かれた競争相手に追いつき、、追い抜く必要があります。

盛山正仁先生のご挨拶の後は乾杯があり、神仙閣の中華料理の昼食会が始まりました。

私と奧さんの二人のテーブルには、フェイスブックで顔馴染みの株式会社オフィスマーメイドの代表取締役の谷口享子さんがいらっしゃいました。

そのほかに、兵庫県歯科医師連盟理事の、西田真也さん、兵庫県宅地建物取引教会神戸中央支部長の濱野雅之さん、湊川神社祢宜で庶務課長の佐野利久さん、株式会社さわやか代表取締役社長の宇尾好博さんとテーブルがご一緒でした。

奧さんは、テーブルに運ばれてくる中華料理を、皆さんに小皿に取り分けるサービスを続けています。

しばらくして2017年10月の神戸市市会議員選挙に中央区から立候補して、当選された河南忠一さんが、テーブルを回りながらご挨拶に来られました。

盛山正仁先生は11のテーブルを順番に回って、まるで結婚式の新郎が披露宴のテーブルを回るように、一人ずつにご挨拶をされていました。

私と奧さんのテーブルに来られた時、盛山正仁先生は、これまでの支援に改めて感謝の気持ちを述べられました。

私は調子に乗って、盛山正仁先生を励ます気持ちになって、とにかく一番を目指しましょうと、右手の人差し指を立ててポーズを撮りました。

盛山正仁先生もそれに呼応して、一番宣言の指を立てて、一緒に写真を撮られました。

余談ですが通常の政経パーティーは立食で、沢山の方にパーティー券を購入してもらい、パーティー券の売上とかかった費用の差が、政治資金として残るのが普通です。

それが、今日の神仙閣の昼食会を見ると、会費と同程度のお料理とお酒が出ています。

政治資金規正法では、選挙民にご馳走を振る舞ってもダメなので、純粋に盛山正仁先生の支援者への感謝の気持ちが伝わってきます。

フェイスブックでよくお見かけする谷口享子さんと名刺交換をしました。

盛山正仁先生のフェイスブックで、何度もお見かけしているので、初めてお目にかかったような気にはなりませんでした。

12時から始まった新年昼食会は、1時半で終了です。

終了の頃、最後のデザートに、杏仁豆腐と果物が出ました。

これを頂いていると、盛山正仁先生の閉会の辞があり、今日の昼食会は終了です。

出口では、盛山正仁先生は、一人一人の支援者と両手で握手をして、今日の出席の感謝の気持ちを表されていました。

2018年2月24日(土)

【過去に行った盛山正仁先生関連の行事】

Posted in .