ジョンソン・エンド・ジョンソンより『「おかあさんの保健ノート 視力のお話し」を配布』

ジョンソン・エンド・ジョンソンから、財団法人日本学校保健会および、近畿大学医学部 眼科学教室 下村嘉一教授の監修による「おかあさんの保健ノート 視力のお話し」を、全国の小学校・中学校・高等学校などを対象に20万部配布するとの発表がありました。

この度の配布は、近視の子どもの割合が年々増加していることから、新学期が始まり学校の健康診断がおこなわれるシーズンに、“視力の大切さ”や“目の健康”についてご理解いただき、学校や家庭での健康管理に役立てていただくことを目的としています。

「おかあさんの保健ノート 視力のお話し」は、日本学校保健会と近畿大学医学部 眼科学教室 下村嘉一教授の監修のもと、“見え方のABCDってナニ?”“どうして視力は低下するの?”“視力が低下したらメガネ?コンタクトレンズ?”など、視力低下の基礎知識を、誰にでも分かりやすい表現で解説しています。また、絵本のように親しみやすいデザインで、親子で楽しく読んで知識を得られる便利な小冊子になっています。

http://acuvue.jnj.co.jp/corp/press/p0080.htm

この冊子の内容は、「おかあさんの保健ノート」特設ウェブサイト(http://hoken-note.com)にて全ページの内容を閲覧、ダウンロードできるようになっています。

お子様のいらっしゃる方は、是非ご覧下さい。

 

 

Posted in コンタクトレンズ安全情報, コンタクトレンズ安全情報|2011年.