【ボシュロム】『レニュー フレッシュ』 『レニュー センシティブ』リニューアル新発売!

ボシュロム社より、ボシュロム社より 『レニュー フレッシュ』 『レニュー センシティブ』リニューアルが2010年2月25日(木)に新発売となりました

近年、コンタクトレンズの汚れや雑菌が原因で起こる眼のトラブルが増加

毎日使用するコンタクトレンズには、さまざまな種類の汚れが付着します。特にソフトコンタクトレンズは素材に水分を含むため、正しい方法でケアを行なわないなど不衛生な状態で使用し続けたりすると、雑菌が繁殖し、角膜感染症など重い眼のトラブルの原因になることがあります。近年、重篤な眼障害を引き起こすアカントアメーバ角膜炎などの症例も増加傾向にあるといわれており、コンタクトユーザーの間においてもレンズケアに対する関心が高まっています。汚れや雑菌によるトラブルから眼を守るためには、こすり洗いなど正しい方法でレンズケアを行なうとともに、消毒効果の高いレンズケア用品を選ぶことが重要です。

消毒効果はそのままに、ユーザーのニーズに応えた2つの製品ラインナップで新登場

MPS※(マルチパーパスソリューション)のユーザー700人を対象にボシュロムが行なった調査によると、86%のユーザーがMPS購入時に重視するポイントとして「消毒効果が高いこと」をあげています。こうした状況などを考慮し、消費者に対して消毒効果をはじめとするコンタクトレンズケア用品に求められる機能をわかりやすく伝えるために、「レニュー マルチプラス」は「レニュー フレッシュ」に、「レニュー」は「レニュー センシティブ」へとリニューアルし、新発売いたします。両製品とも1ボトルにレンズケースが1個同梱されており、定期的にレンズケースを交換することで、コンタクトレンズをより清潔な状態でお使いいただけます。
※ MPS: 1液で洗浄・すすぎ・消毒・保存ができるソフトコンタクトレンズ用ケア用品

国際基準ISOに適合した高い消毒効果と、瞳へのやさしさを両立

レニューの消毒効果は、ISO(国際標準化機構)で定めたMPS(マルチパーパスソリューション) のスタンドアロン第一基準(ISO 14729)に適合。「レニュー フレッシュ」と「レニュー センシティブ」は、試験をした5種類の菌に対する消毒効果でISOの上記基準を上回りました。この試験結果でもレニューの高い消毒効果がはっきりと表れています。
また、レニューの消毒成分ポリヘキサニド「ダイメッド」は、レンズに付着した微生物だけに作用し、微生物と細胞構造が異なるヒトの眼に対しては作用しないため、眼に悪影響を及ぼしません。瞳に負担をかけず、微生物の細胞膜を破壊して微生物を死滅させ、レンズを清潔に保ちます.

Posted in メーカー発表資料, メーカー発表資料 | 2010年.