コンタクト、安売り競争の果て「眼科報酬で薄利補う不正」日本経済新聞より

コンタクト、安売り競争の果て「眼科報酬で薄利補う不正」日本経済新聞より

コンタクト、安売り競争の果て「眼科報酬で薄利補う不正」日本経済新聞より

コンタクト、安売り競争の果て:「眼科報酬で薄利補う不正」という記事が、2010年12月26日の日本経済新聞の記事で、2010年の重大事件として掲載されました。

加熱する価格競争

日本経済新聞によれば、コンタクトレンズの国内の利用者は、1500万人~2000万人、市場規模は約1,700億円(2008年出荷額、矢野経済研究所調べ)に達しています。
コンタクトレンズの普及と共に、加熱する価格競争により、販売現場の混乱が相次いで問題化したことを報道しています。
詳細は、記事をクリックして参照してください。

Posted in コンタクトレンズ安全情報, コンタクトレンズ安全情報 | 2010年.