ボシュロム社の「メダリストプラス」製品回収について

ボシュロム社の「メダリストプラス」製品回収について

2005年7月8日(金)、ボシュロム社から東京都に対し、製品の一部に不具合が見つかったことを届けられ、その結果、自主回収を行う旨の連絡をボシュロム社から受けました。

該当するレンズは、新製品であるメダリストプラスで、その内容は、レンズのパッケージに表示記載しているパワー(度数のこと)と、一部異なるパワーが混入しているという内容でした。

今回の製品回収は、クラスⅡのレベルで、自主回収を行いその結果を監督官庁に届け出ることになっています。
回収の対象となるレンズは、ベースカーブ900、パワー -3.75の表示のあるパッケージだけです。その他のデータは問題がありません。
該当する回収レンズは、全国で600枚です。そのうち、弊社へ112枚がボシュロム社より出荷されています。
さっそく、顧客データを検索し、該当する顧客の方に連絡を取り、レンズの回収とお詫びを行うように取り掛かりました。
未販売の在庫については、ボシュロム社に引渡し、あらためて問題の無い製品に取替えを行いました。
2005年4月から始まった改正薬事法では、製品の回収については迅速に行えるような指導を厚生労働省及び兵庫県薬務課より受けていたこともあり、すぐに顧客情報に基づく製品回収に着手することができています。
ボシュロム社のメダリストをご愛顧いただいている顧客の皆様には、今後このような不具合が発生しないことをボシュロム社に厳重に依頼いたしました。
既に販売したレンズにつきましても、迅速な対応が取れるように今後とも緊張感を持った販売を行ってまいります。

これからも、ボシュロム社及び弊社への信頼が損なわれることがないように、全従業員が安全対策を心がける所存でございます。今後とも、よろしくご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

2005年7月16日 さんプラザコンタクトレンズ
代表取締役 松葉博雄

Posted in コンタクトレンズ安全情報, コンタクトレンズ安全情報 | 2005年.