コンタクトレンズの適正使用について(厚生労働省医薬局)

コンタクトレンズの適正使用について(厚生労働省医薬局)

(1)不適正使用の現状

研究対象とした医療機関における1年間の眼科救急外来受診者2257名のうちコンタク トレンズ障害の患者は208名であった。レンズの種類では,ソフトコンタクトレンズが最も多く,ハードコンタクトレンズ及び使い捨てソフトコンタクトレンズがほぼ同数であった

。わが国における販売数を考慮するとハードコンタクトレンズは相対的に救急外 来受診率が低く,使い捨てコンタクトレンズは受診率が高かった。不適正使用が主原因 と考えられる症例について調べたところ,原因としてはコンタクトレンズを装用したま まの睡眠,過剰装用が多くみられた。レンズを装用したままの睡眠は角膜への酸素供給 不足の要因となり,角膜上皮細胞の代謝不全を生じ,角膜上皮びらんなどの眼傷害を起 こす。このほか,レンズの装用脱着不能,装用脱着時のトラブル及びレンズ装用に関す る指導不足により適切な使用,装用がなされなかったと考えられるケースもみられた。

また,消毒,洗浄法が不適切と考えられたケースもあった。水道水のみの洗浄であっ たり,保存液の調製に水道水や飲用ミネラルウォーターを使用していたが,アカントア メーバ角膜潰瘍症例の多くが水道水を何らかの段階で使用していたものであり,レンズ ケアにはレンズケア用精製水の使用が推奨される。

使い捨てレンズのトラブルでは,いったん眼からはずした1日用使い捨てソフトレンズを再装用することによるトラブルも報告されている。

(2)背景

眼科専門医以外での購入による安易な処方、取扱指導不足

(3)安全対策

コンタクトレンズの適正使用に関する情報については,すでに添付文書等に記載され、注意喚起が行われている。しかしながら,装着者自身の取扱いに問題がある場合も少な くなく,以下の点について,装着者への適正使用情報の徹底を図ることが必要である。

(1)定期的検査の重要性の啓発

眼科専門医での定期検査を受けましょう

眼痛時,連続的な異物感を感じるときなどにはレンズ装用を中止して専門医を受診することは言うまでもなく,自覚症状がない場合であっても障害を生じる場合もあり,定期的に検査を行う必要がある。また,使い捨てコンタクトレンズのデザインは限られており,必ずしもすべての患者にフィットするとは言い切れないケースがあるため定期的に検査を行う必要がある。

(2)ソフトコンタクトレンズ装着前の滅菌処理の徹底

ソフトコンタクトレンズの消毒を行わず,保存液中で長期保存した場合には,レンズ

保存液よりpseudomonasを検出した例もあり,適切な処理を行う必要がある。

(3)レンズケア用の精製水使用の推奨

アカントアメーバ角膜潰瘍症例の多くが何らかの段階で水道水を使用していたことから,コンタクトレンズの洗浄や,保存液の作製には水道水ではなく,レンズケア用精製水を使用することが必要である。

(4)ハードコンタクトレンズの洗浄の徹底

ハードコンタクトレンズは消毒過程はないが,除蛋白質操作を含む適切な洗浄が必要であるので指示に従った洗浄を適切に行う必要がある。

(5)1日用使い捨てソフトコンタクトレンズの適正使用

1日用使い捨てレンズを装用したままの睡眠は角膜への酸素供給不足の要因となり,角膜上皮細胞の代謝不全を生じ,角膜上皮びらんなどの眼障害を起こすおそれがあるので,定められた装用時間内の装用とし,就寝前には必ずはずす必要がある。

表3 症例の概要

No.
患者
症状
コンタクトレンズの種類
不適正使用の概要
1 不明 アカントアメーバ角膜潰瘍 1日用使い捨てソフトコンタクトレンズ 1日使い捨てソフトコンタクトレンズの繰り返し使用。水道水を用いて保存液を作成し, 夜間はその中に保存し,数日間使用した。その結果,アカントアメーバ角膜潰瘍を発症。約2ヵ月間, 入院加療を必要とし,現在通院加療中である。今後,経過をみて,視力回復のために角膜移植が必要。
2 20代 眼痛,角膜びらん 2週間用使い捨てソフトコンタクトレンズ 装用のままの睡眠。
3 不明 実質浅層の混濁と細胞浸潤 1日用使い捨てソフトコンタクトレンズ 原因不明の3日前からの眼痛を無視して,使い捨てレンズを交換しつつ装用を継続していた。
4 20代女性 眼痛,霧視,結膜充血,角膜中央の浮腫 ソフトコンタクトレンズ こすり洗いも行わず,水道水のみで洗浄。消毒を行わなかった。
5 50代女性 角膜膿瘍,前房蓄膿 ソフトコンタクトレンズ 異物感がある状態での装用。

水道水による消毒を行っていた。2年前に購入したソフトコンタクトレンズを使い始め,異物感を感じながらも   1ヵ月程度装用を続ける。その後,視力低下,異物感の増悪により受診。角膜ヘルペスの疑いで治療を受けるも視力の低下   が増強。更に1ヵ月後,アカントアメーバ検出。抗真菌療法。2ヵ月後,手動弁毛様充血,角膜混濁が強く,角膜中央には   半月状の潰瘍と角膜のひ薄化,前房蓄膿が存在。アカントアメーバに細菌感染の合併の疑い。

6 10代女性 眼痛,充血 1日用使い捨てソフトコンタクトレンズ 使用していたレンズがフィッティング不良のため,他の製品に変更。

点状表層角膜炎様の点状の混濁がある。左眼は上方からの血管侵入。点状表層角膜炎改善傾向がみられソフトコンタクト   レンズ装用時間の延長を図るが,4時間で眼痛出現し受診。左眼に点状表層角膜炎。別の会社の1日用使い捨てソフト   コンタクトレンズに変更。結膜充血等は消失。

コンタクトレンズは、高度管理医療機器です。お買い求めの際には眼科での診察が必要です。

Posted in コンタクトレンズ安全情報, コンタクトレンズ安全情報 | 2005年.