RAY-BAN(レイバン)のメガネフレームがBegin (ビギン) に掲載されました

Begin (ビギン) 2007年 01月号に、

「IOFTでわかった2007年メガネ最新事情」というコーナーがありました。

レイバン

10月11日~13日の3日間、アジア最大のメガネ国際総合展示会“IOFT”が行われ、

世界各国の最新アイウェアが東京ビッグサイトに大集結しました。

ここでお披露目となるメガネやサングラスをチェックすれば、

2007年のトレンド傾向が一目瞭然なのですが、残念ながら一般客は入場不可…

ということで、Begin (ビギン) が特集を組んだようです。

レイバン

いろいろなブランドが紹介されている中で、RAY-BAN(レイバン)を見つけました。

もちろん、さんプラザコンタクトレンズのメガネ店でも取り扱っています。

レイバン

RAY-BAN(レイバン)は、レンズメーカーのボシュロム社が作ったブランドで、

米空軍パイロット用のサングラスの製造からスタートしました。

マッカーサーやジェームス・ディーンといった有名人にも愛されたようですよ。

レイバン

メガネはダサい。そんなネガティブなイメージはもう過去の話ですね。

色とりどりで、デザインも多様なメガネが眼鏡店にはズラリ。どれにするか、悩んじゃいますよね。

さんプラザコンタクトレンズのメガネ店では、お一人おひとりに合ったメガネを

お客様と一緒に納得されるまでお探しします。

もちろん、アフターサービスもばっちりですよ。

また、、眼科専門医の診断や相談をもとに、専門性の高い技術者によって、

メガネをご提供していますので、安心してお買い求めいただけます。

Posted in お知らせ.