松葉眼科院長が「目の病気」について講演をしました

目がかすんだり、物が二重に見えたり、ゆがんで見えたり、視野が狭くなってきたり…。

「年だから…」と、病院に行かずに、放置していませんか?

2006年12月4日(月)に、松葉眼科院長の松葉賢一が、

神戸ろうあハウスデイサービスサービスセンター健康教室が催した

平成18年度第7回ろうあ者市民講座~目の病気について~」で講演をしました。

平成18年度第7回ろうあ者市民講座

高年齢になるにつれて、いろいろな病気になりやすいですが、目にも病気が出て来ます。

白内障緑内障糖尿病性網膜症加齢黄斑変性など、

難しい名前の病気もありますが、日帰り手術が可能なものもあります。

目は情報の大部分を得る大切な器官です。

定期的に眼科医の検査を受けることも大切ですが、「おかしいな」と思ったら、すぐに眼科で診察を受けましょう。

中高年の視力障害については、眼科ホームページで詳しく説明していますので、ご覧ください。

Posted in お知らせ.